車検を依頼できるのはディーラーだけじゃない!

車検というと、ディーラーに任せるのが当たり前になっていませんか?昔はディーラー車検が一般的でしたが、最近は選択肢の幅が増えた事によって、ディーラー以外で車検するという人も増えています。

例えば、皆さんがガソリンを入れに行くスタンドでも、車検を請け負っている所が多くなっています。それ以外にも、カー用品店で車検を行っている所も多いですね。どこにお願いするかで、サービス内容や料金が大きく変わります。何となくディーラーにお願いするのではなく、自分の目的に合った業者に依頼する事が大切ですね。そのためにも、業者によってどういう違いがあるのか把握しておくと良いですよ。

依頼する業者によってどういう違いがある?

ディーラーに車検を依頼するメリットといえば、やはり安心感でしょう。メーカーから直接請け負っているディーラーなら、パーツの在庫も豊富なので、何か交換が必要になった時にもすぐ対応してもらえます。また、整備員の質も高いので、整備を安心してお任せできるというのも良いですね。

一方ガソリンスタンドやカー用品店での車検のメリットは、何といっても価格の安さにあります。ディーラーに比べるとだいぶ安い料金なので、とにかく費用を掛けたくないという方におすすめですね。車検というのは、基本的には法令で定められたルールをクリアすれば良いので、必ずしも整備などをする必要はありません。もし普段から車のメンテナンスをこまめにしているのであれば、車検の時に高いお金を払ってしっかり整備する必要もないでしょう。

車検を軽自動車で受けることによって、費用を格安で抑えられます。軽自動車にも乗り心地の良い車種は多くあります。