サックスの価格が高い理由

これからサックスを始めようと考えたときに、悩ましいのがサックス選びです。サックスは600の大小のパーツを組み合わされて作られており、製造過程には手作業が多く含まれています。この手作業をする熟練の職人を抱えることと、音の性能を求めて日々開発が続けられていることでサックスの価格はどうしても高くなってしまいます。

初心者に向いたサックスとは

これからサックスを始めようという初心者は、高額でいい音の出るサックスを購入しなくてもいいでしょう。最初からグレードの高いモデルを購入して長く使っていくという方法もなくはありません。しかし、まずはしっかりとサックスを吹けるようになり、自分の技術を高めることが先決だと言えます。ですので、最初から高いものを購入するよりも、リーズナブルなサックスを選ぶことをおすすめします。音のいいサックスを購入するのは、演奏の技術が身についてからでも遅くはないでしょう。

初心者向けの製品を購入する

楽器店では、サックスをこれから始めようという方のために、初心者セットを用意しています。これなら価格も低くおさえられており、購入しやすいでしょう。
また、通信販売では楽器店店よりも安い価格でサックスを提供しています。比較的購入しやすい、10万円以下のサックスも多数販売されています。いろんなECサイトやオンラインショップを見てみると、安く替えるサックスを見つけ出せることでしょう。
ですが、あまりにも価格が安いものは、使われている素材や部品の信頼性が高くはなく、故障をすることも多くなります。購入する前に口コミやレビューを確認しておくのも忘れないようにしましょう。

サックスは実際に鳴らすと非常に音が大きくなかなか自宅などでの練習は難しいです。しかし消音オプションを使えばかなり音を控えることが出来るので自宅での練習もできるようになります。