自転車は店で実物見てから買うべき

現代の日本では、足こぎの自転車から電動アシスト付き自転車まで、たくさんのメーカーがたくさんの商品を短いスパンで投入しています。なので、その中から商品を選ぶこと自体がまず大変ですが、店にもありそうな最新商品にいくつか絞っても、街の小さな自転車店にはそれらがすべて入荷・展示されている可能性はほぼありません。ですが、自転車というものはやはり自分や他人の命に関わるものなので、材質の頑丈さやネジの閉まり具合、そしてブレーキの効き具合、タイヤの丈夫さなど最終確認してから買うべきものです。なので、基本的には近所の小さな店にて注文してメーカーらから店に届けてもらって買う、という形はよくありません。

大型店でほしいものがすべて置いてある店を探す

なので、2・3種くらいまで買う電車の候補を絞ったら、今度は、近所の大型店から順番に電話して、自分が欲しいものがすべて置いてあるお店を探すのがおすすめです。そして、近くになくてある程度電車や車で時間がかかる場所でようやくほしい自転車がすべて置いてある店が見つかった場合でも、やはり実物見てから買うべきなので、遠くても現地まで行って最終確認をしてから現物を買い、電車の場合は配送してもらう。車の場合は車に入る場合は車に入れて持ち帰るという形がおすすめです。

自転車店に電車で行った場合は乗って帰るのも良い

遠くの自転車店で自転車を買う場合、家に配送してもらう、というのも手ですが、待ちきれない場合は、少し家まで遠くても、買ったばかりの新車に乗り、良い運動になると思って、楽しくサイクリングしながら帰宅するのも最高に良い思い出になるものです。

名古屋の自転車のショップでは、自転車本体だけでなくパーツ類も大変充実しているため、自分なりのカスタマイズを楽しみたい場合に最適です。