一般的には業者に任せる

自動車を所有している場合、何かとお金がわかりますが、その一つが車検になります。車検は保安基準に適合しているかどうかを見るもので、公道で車を走らせるのであれば必ず受けなければならないことになっています。

車検は、業者に任せるのが普通になります。例えば、自動車を購入したディーラーや街の至る所にある自動車整備工場などでは車検を行ってくれます。これらのところであれば、任せておけば安心でしょう。車検のついでに点検整備まで行ってくれるため、車が故障しているかどうかや、調子の悪い部分までわかります。

これに対して、料金を安くしたい場合には、ガソリンスタンドなどで車検をお願いすることもできます。安いところは、点検や整備を行ってくれないところもありますので要注意になります。

自分で行うユーザー車検とは

車検で費用を安くしたい場合は、ユーザー車検を利用する必要があります。ユーザー車検とは、業者に任せるのではなく、自分自身で車検を行うことです。とはいっても、資格を持っていない人が勝手に車検を行っても認められませんので、陸運支局に行き車検をしてもらうことになります。つまり車検自体は自分で行いませんが、自動車を移動させたり書類を記入したりすることは自分で行う必要があるわけです。

陸運支局は日本中に点在していますが、自分の地元にある陸運支局に行くことが必要です。料金は安くなりますが、点検や整備などを行ってくれませんので、自分で行う必要があるでしょう。

車検は法律によって、時期が決められています。そのため、車検の費用を貯める際は、次回の車検の日程から逆算して、必要な費用を毎月少しずつ積み立てておくことが大切です。