ディーラーでの車検を知っておこう

ディーラーは自動車メーカーの商品を販売している正規店です。ここで新車を購入した方はディーラー車検を受ける事ができますよ。一見すると自動車の販売だけ行っているように見えますが、実は店舗内に自動車の整備工場を設けているところもあるのです。
正規店だけにメーカー推奨のパーツや純正パーツが豊富に揃っています。値段は他のサービスに比べると結構良い価格設定をしているため、それなりの金額がかかるのです。しかしメーカーの自動車に精通している整備士がいるので、トラブルがあった場合も的確な処置を施してくれます。
パーツ交換をするときにはメーカー純正のパーツを使うため車の価値が下がる心配もないですよ。

民間整備工場の特徴を紹介

個人が営業している民間整備工場でも車検をしてくれますよ。規模は少人数で行っているところから大規模なものまで多数あるのです。自動車の修理を行うのがメインですが、ついでに車検も行っているところが結構あります。
民間整備工場は指定工場と認定工場の分けられ、それぞれ内容が違うのです。指定工場は検査ライン設備がすべて整っているので自社だけで車検を完了できます。認定工場は検査できないため点検整備だけをするのです。
その後に工場の方が車検場まで車を運んで検査を行う内容となっています。

とにかく安いユーザー車検

自分で車検を行うのがユーザー車検で、こちらはある程度車の知識が必要です。書類の作成から車検場に車の持ち込みまですべてセルフとなっています。普段から車をいじり慣れているのなら一番費用が安く抑えられるのでおすすめです。

車検が切れた時にネットで、メーカーと車種と住所などを入力するだけで、簡単に格安で車検できる修理工場を探せるサービスがあります。