法定費用と車検基本料

車を車検に出すときに感じることが、どうしてこんなに費用がかかるのだろうということです。そこで知っておかなければいけないことが、車検の費用には法定費用と車検基本料があるということです。法定費用は、自動車重量税・自賠責保険料・印紙代のことで、どこで車検を受けても同じ額がかかります。それではなぜ車検費用が高く感じるのか、それは車検基本料がそれぞれの業者で違うためです。車検基本料には、24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料などが基本的に含まれており、業者の儲け分となります。しかし、車の状態によっては別途で追加整備が必要だったり、オイルやタイヤなどの消耗品の交換が必要になる場合には、追加で料金が発生します。普段、車検を受けるときに費用が高いと感じたら車検基本料を確認してみましょう。

ユーザー車検であれば費用が安い

ユーザー車検は、法定費用がかかることは同じですが、業者に頼むのとは違い、車検基本料がかかりません。これは、検査を行うのが自分自身であるので、24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料などがかからないためです。ユーザー車検は、法定費用だけで車検に通ることもできますが、整備代や代書屋費用、テスター代などがかかることもあります。必ずしも法定費用だけで済むわけではないですが、業者に依頼するよりは安く済みます。自分で車をいじることが好きな人や費用をできるだけ抑えたい人は、ユーザー車検を行うことも選択肢の一つです。その際には、当日の検査の流れを調べておくことも大切です。

エネオスで車検をすれば1日車検が可能です。これは見積もり時に事前点検を済ませておくことで、車検日当日は車を朝預けて夕方引き取りということができるという仕組みになっています。